Our best breakthroughs come from valuing different perspectives.

Everyone Valued, Everyone Included, Everyone Performing at Their Peak™

日本のP&Gでは、22カ国の国籍の社員が働き、総合職の37%を女性が占めています。多様性に富んだ社員の個性を尊重し、能力を100%生かすことが、P&G独自の「ダイバーシティ」への取り組みです。私たちにとってダイバーシティを推進することは具体的にどのような意味があるのでしょうか? P&Gでは次のように考えています。

  • 消費者により優れたサービスを提供できます。多様性に富んだ組織では、消費者の多様なニーズを多角的に理解できます。多様性から深い洞察力が得られ、消費者に喜びを与える革新と生活に欠くことのできないブランドを構築できるのです。
  • 多様性を推進する組織は、社員一人ひとりの個性を尊重してそれを組織に活かしていくことになり、社員がより充実感を持って自分の力を発揮できるようになります。多様性に富んだ組織の方が、均一な組織よりも、新しい発想やアイデアがより多く創出されます。「違い」を経験することは人々に異なった考えや行動を促し、革新的なアイデアや解決策が生まれるきっかけとなります。
  • より優秀な人材を採用し活躍し続けてもらうことができます。最大限の力を発揮し続けてもらうためには、ビジネスニーズと個人の様々なバックグラウンドから発生するニーズの双方を満たすベストなビジネス環境やワークスタイルを、会社と個人の双方で創り出していくことになります。

世界の消費者の生活を向上させる革新的な製品を提供するという企業目的の達成のため、そして多様な消費者に対して「Consumer is Boss」の精神で対応していくためには、ダイバーシティはなくてはならないものであると私たちは考えています。 

Content Full Image

Our Strategy and Vision

私たちは、社員一人ひとりの「違い」を、組織の中で活かしていく、つまり個々の違いを尊重して、それが活かされる組織、そして一人ひとりが、その持つ能力を最大限発揮できる組織を目指しています。これはもちろん、ダイバーシティの推進だけで達成できるものではなく、ダイバーシティは組織の構築にかかる施策の一つです。左の図の通り、P&Gの人材育成システムには、職種別採用、成果に基づく報酬、内部からの登用・昇進、競争力のある給与・福利厚生、企業理念の徹底、意欲を引き出す職場環境、適応力と生産性の高い組織、といった項目があり、ダイバーシティはその中のひとつです。これらの施策の全てが相乗効果をもたらして初めて、社員一人ひとりが力を発揮できる組織となることができます。

Content Full Image

さらに、ダイバーシティの推進においても、詳細な施策があります(左図参照)。包括的で系統だったアプローチによって、ダイバーシティの促進を促すことにより、組織のあらゆる部分でダイバーシティが活用され、組織の強みとなります。その結果、社員は充実感をもって、最大限の能力を発揮し、消費者にすぐれた価値を提供することができるのです。

section footerscript{ }