PS 高木琴美

Diversity & Inclusion

P&Gでは多様な考えや強みをもった人が働いています。私自身も20年以上にわたるキャリアの中で、非常に革新的な考えや、自分では思いつかないような多様な考えをもった人と仕事をしてきました。仕事上、直接関わった同僚や上司だけでも、15ヶ国以上の人たちと共に働いた経験があります。国籍・性別・年齢などを問わず、全社員がお互いを認め合い、尊重し合いながら働くことができる環境だからこそ、P&Gではビジネスを伸ばすために必要不可欠なイノベーションが日々うまれているのです。
以前、アジア各国の工場で働く社員を集めたワークショップを開いた時には、多様な人材が意見を出し合い、たくさんの素晴らしいアイディアがうまれました。多様性のある組織の中には、良い意味で「一つの常識」が存在しないと私は考えます。物事に対する感じ方や考え方がそれぞれ異なるので、議論を進めていくなかで、お互いの意見に対する多くの疑問がうまれます。そしてその「なぜ?」という疑問は、私たちがもつ「固定観念」を打ち破らせ、発想を広げ、これまで考えたこともないアイディアや革新的な製品の開発へと繋がっていくのです。
多様性のある組織で働き、リーダーとしてビジネスを伸長させるスキルを身につけることで、世界のどこでも活躍できるビジネスリーダーへと成長できると考えます。ぜひP&Gで「グローバルビジネスリーダー」を目指してチャレンジしてください!