HR 福満 真帆

2016年入社 大阪大学 外国語学部ロシア語専攻 卒業

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

現在、日本神戸本社にて労務とPWD(障がい者)組織付きHRの仕事をしています。
労務では、P&G Japanが最大のパフォーマンスを発揮できる環境を作るために、自ら社員のニーズや社会の動きをキャッチし、会社と社員の両立場から物事を考え、計画、実行、発信をしています。
また、PWD組織においてはリクルーティング、トレーニング、業務拡大等の幅広い仕事をしています。新たな組織形態への移行、リクルーティングプロセスやトレーニングの計画といったチャレンジの多い役割だからこそ、やりがいを感じることが非常に多いです。ますますビジネスに貢献し、1人1人の能力を最大限に生かしながら、成長し合える組織を目指し精進しています。

就職先としてP&G、職種を選んだ理由を教えてください。

私がP&Gを選んだのは、P&Gで働く「人」とその人々が作り出す「カルチャー」に魅了されたからです。"People are our biggest asset"に表されているように、P&Gにはあらゆる分野のタレントが集まっており、互いに刺激し合い、様々なことに挑戦し、成長し続けられる環境があります。そのような会社で社員一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できるようにサポートしながらも、幅広い分野の人々と関わり合うことで私自身も成長していきたいと思い、P&G Japan HRを選びました。数値で成果がはっきりと分かるような仕事ではありませんが、常に新しいことを学ぶことができ、自らの熱意次第でどれだけでも可能性を広げられるHRの仕事に入社以降もますます魅了されています。

P&Gで日々鍛えられていると感じるスキルは何ですか?

現在の仕事では労務知識から対話力といったあらゆる種類のスキルが日々鍛えられています。その中でも、世界で活躍できるHRのプロフェッショナルになるために、私は「考える力」と「伝える力」を大切にしています。本当の意味でHRのプロフェッショナルになるには、人事知識はもちろん必須ですが、それに加え、人の言動の本質を見極め、自らの行動が社員、会社、社会に及ぼす影響を熟考できる必要があります。また、人に物事を説明する際、この考えたプロセスをenvisionさせる能力も重要になります。P&Gでは「正誤」といった表層部分だけではなく、その意図を理解し、行動する「考える力」と、その考えを人々に発信する「伝える力」が日々鍛えられています。

今後の目標とそれを達成するためにこれからどのように自分を成長させていきたいと思いますか?

私の最終目標はHRのプロになることです。労務を始めとした自分の担当する様々な分野のエキスパートとして、全世界的に活躍できるHRになりたいです。そのために現在できることは、可能な限り多くの人と関わり、経験を積み、自主的に学びを得に行くことだと思います。
直近の目標は、現在担当しているPWD組織の業務拡大です。私はこのPWD組織には格別な思いがあります。現在国内においても、前例が限られているこの分野ですが、一人ひとりのタレントが持っている強みを最大限に発揮し、今後もますます組織として発展させていきたいです。会社の安定した力強い戦力としてのPWDの新組織モデルを確立し、国内だけに留まらず世界に提案していければと考えています。

どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

仕事自体が楽しいのでバランスを取るために意識的に行っていることは正直ないです。ですが、私が唯一行っている方法として紹介できるのは、月、週、日の単位で達成したいタスクや考えておきたい内容を洗い出し、決まった時間内で可能な限り完成させるようにしていることです。自分の中でのタイムラインを設定することで、頭の中が整理され、集中して課題に取り組むことができます。
また、休日のプライベートな時間は友達や家族と楽しく過ごし、フレッシュな状態で週を始められるように心掛けています。旅行したり、運動したり、お喋りしたりすることで、いい刺激をくれる素敵な同期に囲まれていることをとても幸せに思います。