Sales 山田 萌永

2014年入社 一橋大学 経済学部 卒業

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

現在、関西エリアを中心に展開している大手ホームセンターの本部担当と、卸店の近畿エリアの窓口を担当しています。私の担当しているメインカテゴリーであるヘアケアでは、日々多くの新製品や新ブランドが発売している競争力のある市場となっています。そのような市場環境において、単なる自社製品の売り込みだけではなく、1)得意先のカテゴリー・そして得意先全体の売上を最大化できるようなご提案、2)ショッパー・消費者起点でのご提案、をさせていただくことを常に心掛けています。まさに担当変更があったばかりですが、こういった提案を通じて得意先からの信頼を得ることができるのだと日々実感しています。

就職先としてP&G、職種を選んだ理由を教えてください。

人と直接的に関わることが出来、自分の努力した結果が目に見える仕事がしたい、という思いから営業職に就ける職場を探していました。数ある企業の中からP&Gを選んだ理由は、大きく3つあります。1)若手のうちから大きな裁量権を与えられ、日々成長が実感出来る職場であると感じたため。2)女性も大きく活躍ができる環境だと感じたため。3)面接やインターンを通じて出会った全ての社員の人が魅力的な人ばかりで、一緒に働きたい!と他のどの企業よりも強く思えたため、です。特に3)に関しては就職活動中の大きな決め手になりましたが、実際に入社してからもますます強く実感し、この会社を選んで本当に良かったと思っています。

P&Gで日々鍛えられていると感じるスキルは何ですか?

「自分自身で考える能力」です。入社してからすぐに大きな裁量権が与えられている分、自分のアサインメントのオーナーは常に自分になります。そのため、誰かに従って動くのではなく、自分が与えられている業務を達成するには何が必要なのか、そのためにはいつ・何を・誰を巻き込んで取り組むべきなのかを常に考えながら動く必要があります。もちろんその上でわからないことを上司や先輩に教えてもらう場面はありますが、その際にもまずは自分の考えありきで質問をするスタイルがP&Gでは求められています。そういったところから、あらゆることに関してまずは自分自身で考え、オーナーシップを持って業務に取り組んでいくスキルが日々身についてきていると感じますし、そのようなスキルが上がるにつれ、自分自身で目標を達成した時に感じられる達成感や喜びが大きくなっているように感じます。

仕事の難しさ、チャレンジはどのような時に感じますか?また、どのようにしてそれを乗り越えていますか?

担当業務が変更になる際に難しさ・チャレンジを感じます。大きく2点あり、1つ目はP&Gの特徴として、新しい業務に就く際には自分の現状の経験・知識やキャパシティ以上のものを求められることが多くあります。そのため、業務が変わる際には、一時的に大きなチャレンジを感じますが、少しでも早く自分のキャパシティとのGAPを埋めるために、今自分に足りていない所はどこなのかを考え、必要な知識や能力を補い、自分自身が成長をするために上司や先輩を巻き込み、その壁を一つ一つ乗り越えています。2つ目は担当の得意先が変わることで、これまで築いていた信頼関係を一から築き直すことが必要になることです。もちろん得意先に関しても始めはわからないことばかりですが、少しでも早く信頼を得るために得意先に頻繁に足を運び、発見した機会を共有しP&Gとして貢献ができる提案をし、それを結果につなげることで、新たに得意先との信頼関係を構築するようにしています。

どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

直行直帰というSales独自の働き方もあり、意識的にオンオフの切り替えをするようにしています。予め1週間のスケジュールを綿密に組むことで、平日は時間を決めてしっかりと働き、仕事後には習い事へいったり同僚と飲みに行ったりもしています。また休日にはできるだけプライベートに専念するようにし、東京に帰って大学時代の友人と会ったり、神戸の友人と出かけたりと思いっきり自分の時間を満喫することで、仕事とプライベートのバランスをとっています。