IT 米津 遥

2012年入社 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 修了

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

入社からの5年間、Sales(営業統括部門)をサポートするチームにてプロジェクトマネージャーとして仕事をしてきました。現在は、日本のビジネスに対して販促費利用を効率化するための業務プロセス・システム導入のプロジェクトをリードしています。日本のビジネスプロセスとニーズを深く理解し、導入予定のシステムのデザインや必要な業務プロセスの変更を、世界中に散らばっているチームメンバーと協働し取り組んでいます。

就職先としてP&Gを選んだ理由、職種を選んだ理由を教えてください。

「グローバルな環境で成長したい」と考えて就職活動をしていた私に、一番フィットする会社・職種であると感じたからです。ITではとくに、部署や国の垣根を超えて人とつながる機会が多いこと、またそれによって幅広いビジネス知識が得られることに大きな魅力を感じました。またインターンを通して、自分の強みや改善点について真剣かつ的確なフィードバックをもらえたことや、社員の生き生きとした様子に触れることができたのもITを選んだ理由のひとつです。

P&Gで日々鍛えられていると感じるスキルは何ですか?

リーダーシップです。P&Gでは、入社した直後から自分が任されたサービスやプロジェクトについて、リーダーとしてチームをまとめ、決断し、引っ張っていくことが求められています。よりよい結果をだすために、なぜその仕事をするのか、短期的・長期的にどのようなアクションが必要か、どうやってチームメンバーを巻き込んでいくか、しっかりと考えた上で自ら行動を起こすことを日々意識しています。

仕事の難しさ、チャレンジはどのような時に感じますか?また、どのようにしてそれを乗り越えていますか?

グローバルなチームメイトとのディスカッションの場において、日本のニーズをきちんと伝え、理解してもらうことです。ITでは、日本のビジネスに対するプロジェクトやソリューションであったとしても、他国のP&G社員やベンダーと仕事をする機会が多くあります。国によってビジネスプロセスが全く異なるので、日本では常識と考えられることも相手からすると全く新しく感じられたり、その逆のケースもたくさんあります。まずは自分が誰よりも日本のプロセス・ニーズを理解すること、そして自分の言葉で納得のいく説明ができること、これらを心がけてディスカッションに臨むようにしています。

どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

P&Gでは自分で自分の仕事プランを立てられるため、人によって仕事スタイルが選べます。私の場合、仕事とプライベートを同時並行的にバランスをとるよりも、状況に応じて仕事かプライベートのどちらかを優先して集中するように心がけています。プロジェクトが佳境のときは120%集中して仕事に向きあい、そのかわり休むときは仕事のことは一切忘れてプライベートを楽しむことでバランスをとっています。