Sales 川戸 裕之

2007年入社 立教大学 理学部 卒業

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

日本神戸本社で食器用洗剤のジョイというブランドの営業企画を担当しています。各部署の代表が集まって構成される本社のブランドチームでは、私が現場の営業の代表となって得意先が何を求めているのか、どうやったら店頭でお客様に商品を手にしてもらえるのか、また海外の部署とも一緒に仕事をしているので、日本の市場では何が起きていて何が必要とされているか、などの情報を的確に伝え、得意先や消費者にとってベストな店頭プランや流通プランの企画を行っています。

就職先としてP&G、職種を選んだ理由を教えてください。

1つは「人」、もう1つは「色々な事にチャレンジできる環境」です。採用活動のお手伝いをする際にも必ず学生に聞かれる質問で、誰に対しても毎回自信を持って同じ回答をしていますが、P&Gには「こんな人と一緒に働きたい」「こんな素敵な人間になりたい」と思わせる輝いた社員に選考のプロセスで多く出会うことが出来ました。  
また飽き性で常に新しいことに興味がある性格なので、若いうちから色々な事にチャレンジさせてくれるこの会社はきっと面白いし刺激的に違いないと思い、入社を決意しました。この2つは入社後も今もなお、感じていることです。

P&Gで日々鍛えられていると感じるスキルは何ですか?

「相手が何を考え、何を望み、どうやったら人を動かすことができるのか」といった事を意識することが非常に増えたと思います。P&Gは国籍や育ってきた環境、また部署によっても、全く違った考えやバックグランドを持った人と働くことが日常茶飯事で、自分が当たり前だと思っていることを相手が全く知らないといった事は良く起こります。その仲間たちと上手に働くには、まずは相手の事を理解しようとする姿勢であったり、または自分の事を知ってもらうことが重要になってきます。これは得意先に対しても同じ事で、相手のニーズを把握した提案をするスキルは、本社内の仕事でも日々磨かれているのではないかと感じています。

これまでで最も印象に残っている仕事とそれによって得られたことについて教えてください。

神戸本社に異動して初めて担当したファブリーズというブランドの営業企画をやっていた時のことです。生活必需品ではないこのカテゴリーにおいて、消費者に必要性を感じてもらうだけでなく、いかに店頭で商品の存在に気づき、手にしてもらい、購入してもらうかを考える事が、非常に難しくもあり面白いビジネスでした。消費者ニーズや購買行動をCMKが調べ、潜在的なニーズをMKTが引き出し、R&Dによって開発された優れた商品が、PSによって供給され、最後は我々Salesの現場の力で得意先、消費者の手に渡っていく、といったモノの流れ全てに携われる事も今の仕事の魅力の一つです。

どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

直行直帰や在宅勤務ができる環境は、自由で効率的な反面、自分でスケジュールやプライベートとのバランスをコントロールする必要があります。私の場合、まずは1週間・1日の始めに「今日はここまでやる」と目標を立て、確実に実行します。どうしても仕事が残ってしまい家に持ち帰る際には、「○○時までに終わらせる」と時間を決め、それ以上は行わないようにしています。そうすることで優先順位をつけて重要な案件から、集中して効率良く仕事ができるようになります。
プライベートでは仕事のことはできるだけ考えずに、運動して汗を流したり、仕事以外の友人と一緒に過ごす事で、また月曜日からリフレッシュした気持ちで仕事に臨んでいます。