R&D 森田 竜平

2008年入社 京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 修了

 

現在の仕事内容を教えてください。

ヘアコンディショナー、トリートメントの生産工程(プロセス)開発、そしてその工程を世界各地の工場に普及させることです。デザインされた品質の製品をそれを必要とするどの国の消費者にでも提供できるようにサポートするのが私の仕事です。

P&G R&Dで働く魅力は何ですか?

1)英語という言語を通して多様な国籍、文化を持つ人々とともに仕事ができることです。ダイバーシティと私たちは読んでいますが、私の現在の上司はイギリス育ちのベトナム人、チームにはインド人、フィリピン人など多種多様なメンバーがいます。日本人だけでは思ってもみなかったアイデアが出てくることもよくあります。
2
)世界各地の工場、または研究所と仕事ができることです。 自分が携わった処方をフランスやタイといった工場で生産をしてもらうために数々の電話会議を行ったり、時には現地で生産をサポートします。
3
)若いうちからかなりの裁量権を与えられ、責任は大きく、その分自己の成長の機会にも恵まれます。その成長を支えるためのマネジメントのサポートや社内トレーニングも充実しています。

仕事のやりがいや魅力を感じるのはどのようなときですか?

自分が生産に携わったプロジェクトが成功し、その製品が店頭に並ぶのを見たときです。たとえばある国に出張や休暇先でふらっと立ち寄ったスーパーの棚にその製品が並んでいるのを見たら、感無量です。数々のチャレンジを乗り越えた出荷された製品が実際に消費者の手に届いているのを見るとやりがいを感じます。

グローバルな環境で仕事をしていく上で感じる、自分の強み、また、今後伸ばしていかなければいけないと思う点について教えてください。

自分の強みは現状をいつもより良いものにしていく向上心、そして新しいことにチャレンジしていく好奇心だと思います。刻一刻と変わるグローバルな環境の変化でこうした適応力は必須です。
一方で、伸ばしていかないといけないのは、やはりコミュニケーションの部分だと思います。私は(特に日本人)は自己主張が他のアジア人または欧米人と比べて得意ではありません。会議での発言や、自分の意見の提案の仕方など伸ばす部分はまだまだたくさんあります。

P&GR&D部門で働いて身につくスキルや能力は何ですか?

1)論理的思考力:研究で得られたデータに基づいて、製品改良や問題解決といった提案を行う際に身につきます。論理を伴うことで意見や主張は認められます。
2
)意思決定力:おかれた現状において生じる、考えられる可能性を分析し、的確な専門家の意見を仰ぎ、最適な選択を提案または決定する能力です。 
3
)リーダーシップ:若いうちからチームでプロジェクトを進めていくことが求められます。そのときにいかにしてビジョンを明確に示し、メンバーや他部署の力を借りて成功に導くかを学ぶことができます。

今後のあなた自身の目標と目標達成のためにしようと考えていることを教えてください。

将来チームメンバーの個々の強みを引き出すことのできるマネージャーになることが目標です。現段階からいろいろな人と仕事をする中で、その人がどう接すれば気持ちよく働くことができるかと考えたり、コーチングやインフルエンススキル(他人に影響を与える)といった社内のトレーニングを活用していこうと考えています。

P&Gへの就職を検討している方へのメッセージをお願いします。

今何かスキルや資格を持っているというよりは、P&Gで何をしたいという目標や情熱を持っている人を私たちは歓迎します。世界中の消費者の生活を向上させるための製品開発にともに携わってみませんか? P&Gで一緒に成長していきましょう!