PS 奥村 咲

2015年入社 京都大学大学院 生命科学研究科 卒業

 

入社時から現在までのキャリアステップと現在の仕事内容を教えてください。

入社してから現在まで、ヘアケア製品パンテーンの日本での供給計画を担当しています。主な仕事としては、1)市場での売れ行きや今後の販売計画、そしてアジア・グローバルにある各工場の生産状況を把握し、適切な供給計画を提案すること、2)需要予測・在庫情報・生産計画などのデータを基に長期的視点でトータルサプライチェーンの最適化を図ることになります。

P&Gで日々鍛えられていると感じるスキルは何ですか?

グローバルな環境でのリーダーシップです。売れ行きなどの市場状況や、生産・物流などの供給状況は日々刻々と変化するため、最短時間で最も適切な決定を都度行う必要があります。 また、チームは国籍や言語、働いている場所等が異なるメンバーから成り立っており、プロジェクトを進めていく中でそれぞれの主張や状況が異なるため、時には意見の対立が起こることもあります。そのような中でも、各メンバーの意見を尊重し、真意を理解し、最適解をできるだけ早くまとめることでチームの方向性を決めてプロジェクトを前に進めていく、という力が日々鍛えられていると感じます。

P&Gで働く中で感じる"グローバル"を教えてください。

P&Gの製品は世界中にある工場で生産されており、多くの国で使用されています。そのため、原材料調達や製造拠点の決定、物流方法、販売計画等も世界視野で行われます。日々協働している社員や原材料サプライヤー、ベンダーも世界各地にいます。私がこれまで担当したプロジェクトも同様で、常に国をまたいだチームで仕事をしてきました。 背景が異なるメンバーからなるチームですが、「いかに消費者に製品を届けるか」という同じ目標に向けて、一丸となって協働することで、様々なことを乗り越えてきました。 

グローバルな環境で仕事をする中で感じるあなたの強み、やりがい、そしてチャレンジについて教えてください。

目標達成への課題があっても、あきらめず議論・解決しようとする強みが活かされていると思います。状況・価値観の異なるチームメンバーに対して、日本市場で必要とされていることについて理解してもらい、チームとしての共通の理解を形成していくところにチャレンジを感じます。そんな中でも、相手の立場に立ち、粘り強く議論することで、全員で目標を達成できたとき、日本人として日本のビジネスに貢献できたときにやりがいを感じます。 

今後の目標とそれを達成するためにこれからどのように自分を成長させていきたいと思いますか?

私は家族やチーム、環境や社会に少しでも多く貢献できる人になりたいと思っています。そのために、仕事では、今おかれた環境で出来ることを少しでも増やしたい、そして異なる仕事や環境にも挑戦していきたいと思っています。 会社には非常に頭の回転が速く、かつ人として尊敬する人が国内外を問わずたくさんいます。今の自分の実力はまだまだですが、そのような目標としたい人々と働ける幸せな環境で努力を続け、出来るだけ早く成長したいと思っています。 

P&Gへの就職を検討している方へのメッセージをお願いします。

入社から2年たってP&Gで感じる・・・
・意思決定のスピードが速く、一人ひとりの裁量が大きい。(=個人が早く成長できる会社)
・責任が大きく難しい仕事も多いが、上司やチームメンバーがサポートしてくれる。(=プロセスの整っている会社。魅力的な社員が多い会社)
これらに価値を感じる上に、世界を舞台に活躍する人材になりたい方にはとてもよい環境だと思います。入社を検討されている方は、一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

 

Related Content