PS 清水 恵美子

2005年入社 大阪大学大学院基礎工学研究科 修了

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

カスタマーロジスティクスにて、カスタマー様にとってベストなサプライチェーンを構築することによる価値創造、なお、生産統括、セールス、双方の知識を融合させ、そこからの利益伸張を図っています。

P&Gに入ってよかったと感じた瞬間は?

入社してから今まで12年間、『女性だから』『若手だから』という言葉を聞いたことがありません。一人の『タレント』として尊重し合うP&Gの文化が、その人ならではの強みを十二分に発揮できる職場をつくりあげているのです。
また、各国に拠点があるからこそ、多様なポジションがあるしチャンスにも溢れています。何よりも心強いのは、P&Gは意思を持って自らの意見を発信すれば、必ず強力なサポートが返ってくること。すべては自分次第です。今後もこの環境を生かして、自分の理想とするキャリアを追究していきたいと思います。

 一番成長を感じた瞬間は?

入社一年目に中国の低コスト生産ラインの立ち上げ部隊に抜擢されたときです。入社まもなく、生産ラインのデザインから試運転・据付・立上げまで一貫して担当させてもらいました。上司は日本にいたため、そばに頼れる人がいない中、期日までに結果を出さなくてはならないプレッシャーもありましたが、1年目でこうした大きなプロジェクトを経験できることをチャンスととらえ、がむしゃらに仕事に取り組みました。結果的に、1%の利益率の向上と必要資産25%削減を実現する低コスト生産ラインの立上げを成功させ、この生産ラインは東南アジアや欧州、南米と世界を渡りました。今となっては、この経験がなくては今の自分が語れないほど、自信の糧となりましたし、大きな成長をさせていただいたアサイメントでした。

将来の目標は?

仕事としては、社員一人ひとりの強みを最大限に生かし、お互いに尊重し合い、あらゆるチャレンジに立ち向かって、それをチームとして一緒に乗り越えて行く事を楽しいと思えるような、強い組織を構築したいです。そのチームで、全世界のPSのエキスパートと組んで、サプライチェーンに革命を起こし、P&Gのビジネスの成長に貢献するのが、目標です。個人としては、2児の母でもあることから、「お母さんみたいな社会人になりたい!」と思ってもらえるように、日々切磋琢磨していこうと思います。

Related Content