Skip to main content
Close Search Form Search

企業文化と同僚のサポートに支えられ、
2度の出産を経て充実したキャリアを実現。
チームメンバーと共に壁を乗り越え、結果につなげる大きな喜び。

 

丸岡 加苗

Group Manager

2000年 入社

Q.現在の仕事内容と今までのキャリアを教えてください。 

現在、大手量販店を統括するビジネスチームのリーダーをしています。部下も男女、新入社員からベテランまで様々なメンバーが在籍しています。
得意先との中長期的ゴール・戦略を合意すること、チームメンバーと一緒にプランを作成し、それを提案・実現していくことをリードしています。また、チームメンバーの育成やキャリア実現のサポートもマネージャーとして重要な役割です。
入社してから、店舗担当・全国展開小売店の本部担当・卸店担当・本社での営業企画・営業人事などを得て現在のマネージャー職に就いています。
常に新しい、チャレンジングな職責を与えられるため、わくわくした気持ちで楽しくキャリアを積んできたと感じています。またこれらのキャリアを通じて、様々な経験とスキルを得ることが出来、自分の成長にも繋がっています。

Q.これまでで最も印象に残っている仕事と、それによって得られたことについて教えて下さい。

チームメンバーと一緒に大きな結果を達成し、その喜びと感動を一緒に共有できたことです。
マネージャーになるまでは、自分の取引先のビジネスで結果が出たことに対して自分でやりがいと喜びを感じていましたが、チームを持つようになり、チームとして達成でき、チームで喜びを共有できた時のやりがいは個人のそれよりも何倍も大きく感慨と感謝の深いものでした。
特に2人目を出産した後、現場のマネージャーとして復帰し、壁にぶつかりながらも、得意先と中長期的ゴールや戦略を合意し、チームメンバーと一緒に様々な新しいことにチャレンジすることで、結果に繋げていくことが出来た時の喜びは、印象に残っています。また、その年は得意先からも「サプライヤーオブザイヤー」という賞をいただき、得意先から評価をしていただけたことをチームメンバーと喜び合った経験は心震える瞬間でした。

Q.仕事の「やりがい」を最も感じるのはどのような時ですか?

多くありますが、主に2点です。
1点目は営業として得意先に認めてもらった時。2点目はマネージャーとして自分のチームメンバー(部下)の成長を感じられる時です。
1点目に関しては、入社してから常にこの「やりがい」が私を成長させてくれたと感じています。得意先のことを知り、得意先にどうしたら貢献出来るかをプランし、得意先と協働しながら、得意先・P&G・ショッパーにとってベストな提案と結果を達成していきます。そうしてひとつひとつ信頼を積み重ねていくことで、社内のみならず社外の方に認めてもらった時は営業をしていて良かったと純粋に思います。
2点目に関しては、現在私の一番のやりがいとなっています。チームメンバー(部下)と一緒に壁にぶつかりながらそれを超えていく、チームメンバーが成長したな、と感じられた時、そして自分のチームメンバーが他の人に褒められたり、評価をしてもらった時、その結果それぞれのメンバーのキャリアにおける目標の実現をサポートできた時、本当に嬉しくやりがいを感じます。

Q.様々なキャリアを経験した今感じる P&G セールスの魅力は何ですか?

たくさんの方に感謝できる環境で働けていることです。
P&Gにはたくさんの優秀で魅力的な同僚がいて、その同僚と一緒に仕事をさせていただくことはとても楽しく刺激的であり、常に周りの同僚に助けてもらいながらここまでくることが出来ました。P&Gにいる周りの方やそういった方々と仕事が出来ていることに感謝しています。
また、P&G セールスということで、たくさんの取引先様とお仕事を一緒にさせていただけています。P&G セールスは常にwin-winになる関係でビジネスを協働で作っていきます。だからこそ、得意先から学ぶことも多く、また得意先に対しても感謝する機会が多いと感じています。
社内外共に、感謝できる環境で働けていることは、P&G セールスの魅力だと思います。

Q.どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

基本的に、仕事とプライベートのバランスがきちんと取れていないと仕事においても良い結果は残せないと思っています。
私の場合は、仕事・育児(母)・家庭(妻)・友達・趣味 と大きく5つの大切にしている時間がありますが、それぞれバランスが取れていると感じています。
P&Gでは、仕事のやり方やタイムマネージメントも誰かに管理されることなく、オーナーシップを持って自分でマネージしながら進めていくことができます。気兼ねなく有休を取ることができますので、子供や家族の大事な日や行事には必ず有休を取っています。また、土日や平日の夜なども友達や趣味(私の場合は主にテニス)にも時間を作ることが出来るのでしっかりリフレッシュ出来ています。その為にも、仕事・キャリアとプライベートについて、しっかりと自分の中で優先順位をつけておく、家族や会社と常に話し合っておく、子供と過ごす時間帯は仕事を一切しないというようなルールを決める、ということをしています。また、自分の仕事内容やプライベートの変化に合わせて、仕事のやり方も変えています。特に子供が出来てからは子供との大切な時間を確保する為にも、より戦略的にかつより効率的に結果を出す方法を常に考えながら仕事を進めるようになりました。

Q.P&Gで働いていて、ダイバーシティー(多様性)の尊重を実感するのはどのような時ですか?

P&Gはダイバーシティーを尊重していると感じます。それは企業が成長していく上で重要な戦略だからです。
私自身、結婚・出産(2人子供がいます)を経ながらキャリアも実現させてもらっています。
それが出来ているのは、P&Gの企業文化や環境、周りの人々のサポートのお陰だと日々感謝しています。 妊娠を会社に報告した時も、まず第一声「おめでとう」と祝福してくれる環境があり、それぞれしっかり1年育児休暇をいただいた上で、希望していた現場セールスとして復帰させて貰いました。急な子供の発熱等でも周りのサポートに助けられています。
私のチームメンバーにも色々な個性を持ったメンバーがいますが、一人一人の状況・強み・価値観等を尊重した上でチームメンバーのパフォーマンスを最大化できる環境を提供しリードしていきたいと考えています。